代表者の言葉

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

昨年流行った言葉は政治家のけっして国民に夢を描かせるものでなく、人間の動物的感情のものが多かったと私は思います。情報に操られる社会の現象は教育文化を飲み込み、おかしさだけに人気が付いて行っているように思います。

これは都合のよい「知る権利」の乱用にも思いますが、耳を塞ぎたくなるような「知りたくない権利」は自分で守るしかないでしょう。このように都合だけで回る社会では本物の見極めは難しく、しかし走る車には本物しか通用しません。人の行う技術は本物である限り、安全が保障されるものです。

それは学びと経験が生んだ技術であり、責任のない“だろう整備”とか“都合整備”は、車への信頼そのものを失ってしまいます。

今年はもっと楽しく夢のある流行語を願いながら仕事に専念したいと思います。

どうか本年も宜しくお願い申し上げます。

今週のイチオシ
今週のイチオシ車はこちらです! パッソは女性目線で生まれたトヨタの最小コンパクトカーです。 名前の由来は、イタリア語で「足音...続きを読む
在庫車
●H22年式 15X FOUR Vセレクション 4WD ●今売れ筋の、ニッサンのキューブ入荷! ●視界も広くて運転しやすい! ●駐車もらくらく!バックカメラ付き! ・純正HDDナビ ワンセグTV …
Read More
オートガードロッキー
福祉車両
農業機械