日本を代表するショーファーカー


1967年から製造・販売しているトヨタの最高級車センチュリー。

今回21年ぶりにフルモデルチェンジとなって登場しました。

センチュリーは、主に皇室や大企業の社長、政府の関係者が乗車したりと、日本が誇る最高級サルーンです。

ゆとりのある車内空間、電動オットマンとシート、

肩から腰までを押圧するリフレッシュシート、さらに最上級の音響システムを配備。

その他にもたくさんのきめ細かい装備がございます。

 

センチュリーの歴史は、1967年にトヨタの創始者である豊田喜一郎の父である豊田佐吉の生誕100年を記念して造られた車です。

2代目センチュリーのV型12気筒、5,000ccエンジンに注目された方も多い事と思います。

今回の3代目センチュリーは、V型8気筒、5,000ccハイブリッドエンジンを搭載しました。

これは、レクサスのRC F等にも使用されているエンジンです。

 

鳳凰のエンブレムに託されたのは「継承と進化」。

日本特有の繊細な美意識、品質を備えたこの一台。

至福のおもてなしを表現します。

是非触れてみたものですね。

(画像は全てトヨタ自動車公式ホームページから引用)

営業課


カテゴリー: かわら版
日本を代表するショーファーカー はコメントを受け付けていません。
オートガード八戸の安心・安全サービス
今週のイチオシ
  北東北も無事に梅雨明けし、これから夏本番ですね! 本日は恵みの雨となりそうですが、みなさまいかがお過ごしでしょ ...続きを読む
在庫車
●H25年式 VP 4WD ●仕事のお供にどうぞ!オートマなので移動も楽々! ●もちろん車検もあってすぐ乗れます! ・タコグラフ 支払総額 約59万円
オートガードロッキー
レンタカー

旅行に、仕事に、格安レンタカーございます。乗用車はもちろん、マイクロバスや農機具、福利車両もレンタルできます。

福祉車両
農業機械