私の洗車の仕方


皆さんはどのように洗車をしてますか?

まず水で濡らしてから

タオルでこすってまた水で流して

最後にふき取って、30分くらいでしょうか。

まあ、誰でもこんな感じだと思いますが

私の洗車はもうちょっと長いです。

たぶん多くの人は愛車が綺麗になったら

気分がよくなって、綺麗なまま置いておきたいと

思うんじゃないでしょうか。

しかし、車には人の手が届かない隙間がたくさんあって

そこに水がたまってしまいます。

 

 

 

 

 

https://www.kurumaerabi.com/car_mag/list/5374/より引用

さびてしまうので

洗車をした後は30分ぐらい走って乾かしてます。

走っているときの振動とか風を利用してます。

まあ、また直ぐ汚してしまうことになるんですけど

一瞬でも綺麗になればいいとおもいます。

相馬


年数が経てば色々と悪くなります><


気付けばもうすぐ3月 月日が経つのがとても早く感じます。ドモドモ サービスセキガミです!

今回の車は 11年登録のホンダロゴGA3クランクプーリー交換について書きたいと思います。

修理内容は 走行中急にハンドルが重くなり変な音がするとの事。エンジンを始動してみたら

何かが擦れてる音がします。このまま乗るのは危険ですと伝え 自宅までお送りして点検開始。

ボンネットを開けて見てみたら ベルト類が外れてぶら下がってました。この車は ベルトが

3本使ってます。オルタネーターを回すファンベルト エアコンコンプレッサーを回すベルト

最後にパワーステアリングポンプを回すベルトです。これらのベルトはクランクプーリーと言う

大きいプーリーでエンジンの回転を各ベルトに伝えてます。ハンドルが重くなった原因はベルト

外れと分かりましたが、なぜ外れたかの点検をしていきます。まずぶら下がってるベルトを

外そうとしたら外せなくサイドカバーを外し ベルトを切って外して見てみたらクランクプーリー

が外れかけてます><他のメーカーさんの車でこんな感じになってるのは見たことがありますが

ホンダ車では初めてです。残り1本も切って外しプーリーを外してみました。

 

真ん中についてるボルトを外すと外れてきます。

 

ダンパーゴムが劣化して外れたみたいです><原因は確定的に明らかになったので 

部品を手配したら 供給終了との事><これはもう代替えかと思いましたが 愛着があるとの事

なので、中古を探してみた所 単品ではなく エンジンアッセンブリーで持っていた業者さんが

いましたので、プーリーだけ譲ってもらえるかと聞いてみたらおっけいでした。助かりました!

部品が届き、ベルトも元々損傷してたし外すのに切ってしまったので新品取り付けです。

取り付けしてエンジン始動し パワーステアリングも復活!無事作業終了です。

今回はベルト類とプーリーだけの交換ですみましたが、もし仮にこれが外れた場合は

もっと修理金額もかかるかもしれませんでした。なので、もしいつもと違う音が

しはじめたら、先延ばしにせず、すぐに修理にいらしてくださいな^_^

ではでは!サービスセキガミでした! 

 


異音の主はタイヤにあり


メカニックが最も苦労するのが修理車の異音の発生する場所探しです。
音の種類には振動音と回転音と接触音とに大別されると思いますが、その特定にはどんな工具、テスターよりもメカニックのキャリアしかないと思います。
ただ永くやっているだけでなく、どれだけの難度の高い仕事をこなしたかでしょう。一日30台以上入庫してくる車種を問わない修理車に対応するヒントはそこにあると思います。

そこで今回は軽トラの走行異音との格闘を紹介したいと思います。
いや~~寒い。こんな時は中での作業に限るがそうも言ってられない。そこで、スピードが40km以上になると下部の方から回転音が異常に高くなります。その音はアクセルを踏み込むと高く、緩めると低くなるという特徴のある症状で、経験では動力伝達装置のデフの故障と出たが、しかし車の状態は走行2万キロである。この距離数で壊れるとは疑問が残る。とりあえず基本作業として、ここのオイルを点検したら適量で、きれいなこととジョイント系統にも異常は見当たらない。さてと、こんな時は走りこんで、音と一体になることを身体が知っているはず。明日もう一度走行してみようと翌日に。

しかしその日、その音があまり聞こえない。
あれ、、何故?? 今度はドアガラスを開けて走行してみたが、音はあまり聞こえない。ハッと気が付いた…この生暖かい気温に。昨日は日中でもマイナス気温である。温度?となればタイヤかもと思い、早速タイヤチェックするとブロックの下にひび割れを発見。

これが犯人かもと別なタイヤに交換し、夕刻の凍り付いた道へ試運転に乗り出した。あの走行異音は全く現れず、なにより以前より走行が安定し快適でありました。デフの分解を躊躇したことに安心しながら、タイヤの原因を整理すると、この車のオーナーさん、スタッドレスタイヤをオールシーズンで履いていたことが判ります。夏の高温に晒されたタイヤは温度差に耐えられずゴム質が低下して起こる硬化現象で車種により様々な異音の元凶でもあります。それはそれでタイヤメーカーの技術の差もあり、全てのタイヤに当てはまるのではなく、タイヤ選びはこんなところも考えていきたいものですね。

サバイバルめか


クラッチの種類や強化のメリットデメリット


皆様こんにちわ~。いや~最近あったかいな~と思っていたんですが、今日からまた一週間寒い日が続くようです。私たち自身寒いとは感じますがやはり慣れているのでどうにか一日を乗り切ることができます。ですが寒いより暖かいほうがもちろんいいわけで。早く春が来て夏タイヤに交換したいですね~。路面を気にせず走行したいなと感じる今日この頃。

さて今回は皆様ご存じMT車に搭載されているクラッチに触れてみたいと思っています。まずクラッチとはエンジンの出力をミッションに伝える「動力伝達装置」の一部で、フライホイールを介してエンジンからの出力された回転を伝達する「クラッチカバー」をミッション側の「クラッチディスク」に圧着させ、その圧着力と摩擦力でエンジンが生み出した回転をミッションに伝達します。

CUSCO ツインクラッチシステム ツインメタル のパーツレビュー ...

そして強化クラッチとはその名の通り強化されたクラッチという意味で、一般的にはより高い摩擦力の高い摩擦材(フェーシング)を張ったクラッチディスクと、より高い圧着力を持つクラッチカバーへ交換し、クラッチの容量を増します。その際に、純正同様に金属粉や繊維を混ぜた摩擦材(ノンアスクラッチ)から、より摩擦力の高い金属製(メタルクラッチ)やカーボン製(カーボンクラッチ)の摩擦材を使ったディスクに交換する事が多いです。強化クラッチを入れてのメリットは滑ってしまうことによるエンジンパワーのロスを減らし、純正状態をはるかに超えるパワーや急激な操作による大きな負荷が加わってもエンジンのパワーを余すことなく駆動輪に伝えることができるようになるのです。しかしデメリットもあります。まず街乗りがしにくくなる。半クラッチを多く多用する方だと、強化を入れることによってクラッチが切りづらいと感じる。そしてコストパフォーマンスが悪いように感じます。私も今の自家用車に強化クラッチを入れて街乗りメインで走行していますが、正直不便です。半クラをあまり多用しないような発進の仕方に変わりました。ですがその分MTの操作感が以前乗っていた車より格段と上がったように感じます。そして何より強化クラッチが入っているという自己満足感。これがたまりませんね。私は走る車が好きなのでそういう部品は大好物です。さて今回は長々と語ってしましましたが、皆様も気になりましたらチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

さて今回はこの辺で。シツレイシマス。                 サービス:ハタケヤマ


運転自動化について


こんばんは、サービスマン中村です。
もう3週間くらい経ってますが、南野、サウサンプトンにレンタルされましたね~。一戦目で初得点、三選目でもう一点。なかなかいい感じですね~。今シーズン限りのレンタルで買取オプションも無しとゆうことなんでまた戻ることになるんでしょう。がんばって活躍してほしいですね~。
対して久保君、ちょっと行き先に恵まれてない感じが。チームが最下位でDFを減らして久保やアレニャを入れ辛いみたいですね~。途中出場はしてるみたいですが、サイドで持ってもフォローが無い感じでしたね~。そもそもプレーに関与してる回数が少ない。一回か二回のプレーで結果出さなきゃ無い感じ?厳しいですね~。また移籍かなぁ。

今回は某メーカーの運転支援システムが道路標識と飲食店の看板を間違えるとゆうニュースを見てちょっと調べたことを載っけます。
まず、運転自動化技術にはレベルがあるそうで、わかり易い表があったので、
このように5段階あるそうです。これは各メーカーで名称が違って、まぎらわしいのを避ける意味もあるそうで、自動運転と表記していいのはレベル3からだそうです。んで今売られている車はすべて運転支援とうゆうことになります。次出るレジェンドが世界初のレベル3に認定されたみたいです。それでも特定条件下と条件が付いてます。現行の車でも自動で走るんでしょうけど、もし事故を起こした場合の責任は完全に人になってしまうそうです。自動運転になると認知・判断・操作を車側でやってくれるので、よそ見をしていてもいいとゆうことになりますが、最初にかきましたが、まだまだ認知の部分が難しいみたいです。
カメラやレーダーだけでは難しそうに感じるんで、まだまだ車にハイテクなものがついていくんだろーなーと整備するほうとしてはちょっと怖くなりますね~。がんばって勉強しなきゃいけませんね。とゆうことで今回はこのへんで。