ファンベルトが切れる原因は、、、


どうも、みなさんこんにちはサービスの野口です!!GWもあと一日ですね。今年もコロナウィルスの影響で県外への外出は控えるGWでしたが、子供と公園でわいわいはしゃいだりして楽しみました

先日ファンベルト切れでお客様のお車が入庫してきました。切れた原因は何かな~といろいろ探ってみたのですが

ベルトのかかるプーリー類のガタ、オルタネーターやエアコンコンプレッサーのベアリングのロックなどなど思い当たるところを一通り点検してみました

ですが、なかなか原因となる部分が見つけることができず、試しに新品のベルトを注文して取り付けて、一度お客様に乗っていただくことにしました、、

しかし2ヶ月後エンジンから異音がすると言うことで入庫しました、早速点検して見るとベルトの外側が削れてありません。。。

IMG_1702

こうなる原因はプーリーのガタや変形、取付時のミスなど考えられますが、前回何度もチェックしたはずなぜと思い再度じっくりと点検することにしました

すると、、、、、、

IMG_1707

 

ダイナモのケースが割れていました。ファンベルトが張ってない状態だとヒビが目立たなく、張るとヒビがはっきりと解ります。張ることによってプーリーの位置が若干ヒビの分ずれファンベルトを削っていたみたいです

前回入庫したときはベルトが切れていたこともあり、ベルトを張らない状態で点検をしてこの不具合を見つけることができませんでした

今回のようなケースもまれにですがあるので、まだまだお勉強することはたくさんあるなぁと改めて実感しました

このような不具合には何かしらの原因があるものなので、根気よく探求していこうと思います!!

以上 サービス 野口でした


オイル漏れ修理です><


気づけばもう5月ですね!いよいよゴールデンウイークですが今年もお家で

まったりしたいと思います。どもども!サービスのセキガミです!

今日はパワステオイル漏れについて書きたいと思います。車はニッサン

エルグランド52系です。最近の車は電動化が進む中、52系のエルグランドは

電動ポンプでパワステオイルを回してるシステムです。なので、普通に機械式

パワステポンプとは、使用しているオイルも違います。オイル漏れでの修理

入庫ですので、上から見てみますが分かりづらいです><

下から見てみます。

下から見たら上から漏れてきてるのが分かります。まずはホース等点検

しましたが、漏れてる箇所はないようです。となると、電動パワステポンプ

自体からの漏れかもしれません。

外すのは、そんなに時間はかかりませんでした。見やすいようにブラケットや

カバー等外して本体だけにして見ました。

ポンプとオイルリザーブタンクの間から漏れてるのがわかります。

どうやら、ゴムシールの不具合みたいです。部品屋さんから、分解図を頂き

部品単体で部品供給があるか調べましたが、ありませんでしたので、丸ごと

注文です。値段も中々高く、中古も探して見ましたが、残念ながらありません

でした>< 新品は注文してすぐに届きました。

対策品なのか、カバーの形状が違います。同時期に入庫していたエルグランド

を見てみたら、注文したポンプと同じのがついてました。早速取り付けして

専用オイルを入れ、配管内のエアー抜きをしてエンジン始動!ばっちりです。

無事に納車してお客様も大変お喜びになってました。ではでは!サービスの

セキガミでした!

 


白い車あるある


白い車を洗っているとき、よくあることなんですが

こすったタオルに白い汚れが付くことがあります。

ソリッドカラーの車の多くはクリアーコートが使われていなく

塗装が劣化してくると色が落ちてしまうみたいです。

私の車もソリッドホワイトで、クリアーを使ってないため防御力が低く

紫外線や雨の直撃を浴びやすいルーフなんかは特に白い汁を出してました。

ネットで解決策を探してみても、意外とそれについて言及されていなくて

少し悩んでいたんですが、先日、軽度の錆びや水垢を落とす目的で

バンパーやサイドミラーの下とかをコンパウンドで擦って綺麗にしました。

その時から洗車中、タオルで擦っても白い汁が付かない所もあって

試しに、超細かいコンパウンドでボディー全体を半日かけて磨いてみました。

そのあと普通に洗車して、使ったタオルを絞ってみると

やはり透明な水が垂れてきました。

 

 

 

 

https://jp.123rf.com/photo_48706369_手は、濡れた白いタオルを絞る。.htmlより引用

それから何度か洗車したり雨に打たれたりしたんですが

白い汁は出てきません。

古めの白い車に乗ってる人は試してみてください。

 

 

 

 

相馬

 


タイヤ交換時の注意


こんばんは~、サービスマン中村です。
今週はやっぱりヨーロッパスーパーリーグでしょうかね?
リーガ、プレミア、セリエAのビック~と言われるクラブが集結した見ようによっては夢のある話ですが、この12クラブは固定のよう? それはちょっとどうかなぁ、と思いましたね。
結果リーガ以外のクラブは不参加を表明したみたいで、ごちゃごちゃですね。
自国の連盟から抜けたクラブもあるとか、発表前にUEFAが参加するとペナルティがあるので参加しないよう通達を出していたとか、いろんなニュースがありましたね。自国の連盟抜けたとこはどうすんすかね?プレミアはイギリスがユーロ抜けたんで、外国人枠とかいろいろレギュレーションが変わって大変だろーなーとは思ってましたがビック6全部って、ねぇ。まぁ頓挫しそうでなによりです。
そうそうF1の角田君、2戦連続ポイントゲットならずでしたねぇ。予選で派手にクラッシュしてて、おもしろかった^^怪我無くてよかったです。次も頑張ってください。

さて今回は、タイヤ交換の時期に必ず2、3件はあるトラブルを。何回か書かれていますが、今週見たので紹介します。
車検で入庫した車のタイヤを締めているナットが緩めてる途中で取れなくなってしまいました。締めるも緩めるも出来ないので交換前提で壊すつもりで強引に取ってしまいます。
こうなってました。
ちゃんとしたのはこれです。
ナットはこう。
ご自分で夏タイヤに交換されたとゆうことでした。原因は締めすぎですね。成人男性が力一杯締めちゃダメです。
付けたときはいいんですが、次取る時にこうゆうふうになってしまいます。
まだ交換されてない方、ゴールデンウィークに交換しようと思っている方は十分注意してください。トルクレンチも売っているらしいので、毎回自分で交換されている方は使ったほうがいいと思います。ではまた~。


強化ラジエーターに変える理由とデメリット


皆様こんにちわ~。桜も咲き気温も二桁安泰ですね。だんだんにあったかくなってきました。夏タイヤに変えるお客様も増え、私も段々に変えないとなと考えております。さて、気温が高くなってくるにつれて車にはちょっと負荷がかかるわけです。そんな中冷却水を冷やすためにラジエーターという部品がついているのですが、今回はそれについてちょいと触れたいと思います!

まずラジエーターとは、車の前方(バンパー内)に取り付けられたエンジンの冷却装置です。正確にはエンジンを冷やすための冷却水を冷却するための部品です。ラジエーターは何本も細いチューブが通っており、チューブとチューブの間にはフィンと呼ばれるヒダが付いています。要するにヒートシンクみたいな物ですね。フィンに風を当てることで熱交換され、チューブの中を通る冷却水を冷やしています。またラジエーターはアルミ、銅、真鍮等で作られています。

強化ラジエーターとは、、チューブが二層や三層に増えていたり、純正よりも風を当てる面積を増やしたラジエーターです。これにより、より冷却効果が高まるのでスポーツ走行向けのラジエーターと言えます。

強化ラジエーターのメリットは何と言っても冷却効果です。純正よりも冷却効果が高いため、チューニングしたエンジン等には絶対に必要な部品になります。またアルミ製は軽量化にも繋がるためハンドリング等の運動性能アップに貢献します。

シルビア S15 BLITZ アルミラジエターZSが入荷しました! | 中古車 ... ヤフオク! -「純正 (grb grf gvb gvf)」(ラジエーター) (冷却装置)の ...

もちろんデメリットも存在します。二層、三層とチューブを増やしているために当然冷却水の量も増えます。するとせっかくラジエーターが軽くなったのにも関わらずに冷却水が増えたせいで逆に重量アップになる場合もあります。また闇雲に強化ラジエーターにしてもオーバークールになりがちです。オーバークールはオーバーヒートの逆で、水温が上がりきらない症状です。オーバークールになればしっかりと燃焼しないため、パワーダウンに繋がります。

という感じで、ドレスアップや自己満足、見栄などの理由でむやみに交換するとこういったデメリットも起こりかねるわけですので、必要な方のみ交換をおすすめします。シビアな運転をする方におすすめですね。

さて今回はラジエーターについて触れてみました。スポ車等に搭載されていれば、おぉぉ!ってなるような部品の一つなので、私も純正ラジエーターを駆使して、ダメになったら考えてみたいと思います!

さて今回はこの辺で。                            ℠:ハタケヤマ