年別アーカイブ: 2021年

エンジン不調修理


皆さんこんにちは・こんばんは!

早いもので入社7年目になりましたサービスの小坂です。

最近どんどん暖かくなってきて八戸でも桜が咲き始めてきているという事で春の訪れを強く感じています。例年ですとお花見という事で桜の下での宴会を行っている方も多いかと思いますが今年は我慢して頂いて感染予防に努めていきましょう

さて今回は平成27年式のタントの修理について紹介したいと思います

不具合の内容としましては走行中にいくつかの警告灯が点灯してエンジンの吹けが悪くなったというものでした。内容としてはよくある話ではありますが変な先入観は持たずに点検を開始してみます。

まずは試運転をしてみて症状確認をしてみると何だか失火しているような感じがありましたのでテスターをかけてみると第1シリンダーの失火と表示されていましたので点火装置のスパークプラグとイグニッションコイルを外して点検してみる事にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが外したスパークプラグとイグニッションコイルですが走行距離が約7万キロということもありあからさまにという訳ではないですが少し摩耗もしていました。最近のプラグはとても高性能になってきていて10万キロごとに交換と表示されている物もありますが、全てがそんなに長持ちするかというとそういった訳でもなく特に軽自動車ではもっと早い段階での交換が必要になる事がほとんどです

そしてやはり今回も不調の原因はこのスパークプラグでした。というわけでプラグ交換をすれば今回の不調は治る訳なんですが今回はイグニッションコイルの故障も多いという事をお客様に説明したところ予防整備ということで両方交換させていただくことになりました。

それぞれ新品に交換いたしましてエンジンチェックランプが消灯することを確認して試運転をしましてその後無事にお客様にお渡しする事が出来ました

 

車検や法定点検時に今すぐではないが交換したほうが良い部品などの見積りをお渡しすることがありますが是非しっかりと目を通して頂いて壊れる前に交換して大事になって余計な出費が増えないようにしていただければなと思います。

サービス kosaka

 


新年度が始まりました!(^^)!


四月に入り様々な分野で新年度がスタートしました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。今年は例年より桜の開花が早いとの予報で桜が咲くのが楽しみです。

以前ニュースで見た記事で2018年9月に関東陸運支局で車のナンバーを読み取って車検切れの警告指導できる可搬式の装置が始まった記事を思い出しました。

Responseより画像引用

以前は街頭検査などで不審車両を目視だけで判断し、呼び止めて車検証の提示を求めていたのですが新型装置導入により、作業効率が向上し持ち運べる利点があるので注意喚起もできるとのことです。装置をみると速度違反の取り締まりによく似てますね。

なぜこのような取り締まりがあるかというと車検が切れている車を運転するということは、自賠責保険も切れている車がほとんどです。車検切れの車を公道で走らせて事故を起こすと多大な損害になることになり罰則が課されるだけでなく、被害者も出してしまうかもしれません。

車検切れを防ぐ方法のひとつとしてフロントガラスに貼ってある車検ステッカーには必ず有効期限の満期日が記載されているので普段からルームミラーを見るかたわら目配りするといいですね。

新年度も快適なカーライフであることを願います。

サービス クドウA


走行時異音点検


みなさんこんにちは!!四月に入りもう一週間が過ぎました。花粉症に悩まされてる方も多いのではないかなぁと思います。お花見のシーズンですが、県内でもコロナウィルスがちょこちょこと出てきているので、今年も我慢かなぁと思う今日この頃でした。。。 

さて、先日走行時に異音がするということで点検したスカイラインについて書こうと思います

 

走行するとコトコト、カタカタと異音がするということでいざ点検!!!

試運転をしてみると、路面のわずかな凹凸でもコトコトと結構耳障りな音が 少し強めにブレーキを踏んで止まってみてもコトコトッっと結構な音がしていました。

そこで下廻りのガタを点検してみると、意外にもはっきりとわかるようなガタが見当たらない!!!!そこで接地した状態でリフトアップができるリフトで上げて、点検をしてみると

この写真の真ん中のシルバーの部品の右側のところがブレーキを踏んだ時などにカコカコと動いていました。この部分には硬いゴムが入っていて、そこで衝撃を吸収するような作りになっているのですが、おそらくそのゴムの部品が年数とともに劣化してしまい、今回のような症状になっているのだと予想し交換させていただくことに

すると、 ピタっと異音はとまりバッチリ解決することができました!!!

別アングルからもう一枚わかりにくいかもしれませんが、このようにして車のナックルの部分に付くようになっています。

あからさまなガタつきが初見ではなかったのですが、このように特定することが出来てよかったなと思いました!異音や不調など、これからもじっくりと車と向き合っていければなと思いました

以上 サービス ノグチでした!!


ランドローバーのオルタネーター交換です。


25年式ランドローバーの警告灯点灯修理です。メータ内ディスプレイに充電異常と出ています。テスターを繋ぎ発電量を確認したら12.0Vしかありません。オルタネータ不良と判断し部品注文で早速作業にかかりますが・・・・作業時の写真がこれ

 

後ろから撮ってみました。

横から

そうです、国産車ではオルタネータ交換でここまではばらしません。外車の場合は結構あります、オルタネータが見えるところまでたどり着くにはバンパーを外しメンバーを外し、エアコンコンデンサーを外し、インタークーラーを外し、ラジエーターを外してようやくオルタネータが外せる状態になります。ここまでくれば後はオルタネータを交換するだけ、だけど作業したことが無い場合はびっくりするかも!!

ランドローバーオルタネータの交換でした。

                                                                                                            サービス課 kawasaki 

 


異音点検は大変です><


三月もあと少しで終わりですね!朝晩はまだ寒いですが、日中は暖かくなりタイヤ交換の

お客様も増えてきています。まだの方は、交換する前に夏タイヤのチェック等して見てください!

もし減っているようであれば、三月中であれば、キャンペーン中ですので、少しはお安く買えます

のでよろしくお願いします! 今日は、大人気のトヨタハイエース200系の修理について書きたい

と思います。

お客様の依頼事項はハンドルをきって走るとガキガキと音がするとの事早速お預かりしてまずは

音の確認です。駐車場内を旋回してみたら、音の方はすぐに確認できました。据え切りでも

音が出るか確認してみたが、でない>< 駆動してなければ出ない感じです。幸いスピードを

出さなくてても、異音を再現できるので、他の人に運転してもらいどの辺から音が出てるか

聞いてみたたら、フロント右ぽいです。リフトアップしてタイヤを外し、点検していきます。

まずは、ドライブシャフトを点検してみたら、シャフトにガタがあります。正常な左側と

比べてみたら、右側はガタガタです>< 早速ドライブシャフトを外します。

ジャバラなゴムブーツがついてるのがドライブシャフトです。このブーツの中でのガタみたい

なので、ブーツを外してみたら⤵︎

水がはいった感じです。それで、グリースが固まってしまい、ベアリングにガタを発生させた

みたいです>< 原因が分かりましたので、部品注文です。が、新品はお高いのでリビルト品を

注文です。よくダメになる部品なので、注文した次の日に入荷しました。⤵︎

早速取り付けして、作業完了です^_^

交換前は駐車場内での旋回で音が出てましたので、同じように旋回したが音は出ません^_^

ロードテストも問題ありませんでしたので、無事に納車できました。

ではでは!サービスのセキガミでした!