リコールとサービスキャンペーンの違いについて。


皆さん、最近各メーカーのリコールを聞く機会が多くなったと思いませんか。
所で、各メーカーが出すリコールとサービスキャンペーンの違いが分かりますか。
*リコール制度とは、設計、製造過程に問題があったために、各自動車メーカーが自らの判断により、国土交通大臣に事前届け出を行った上で回収、修理を行い事故・トラブルを未然に防止する制度です。

実はリコールとサービスキャンペーンの間にもう一つ改善対策と言うのもあります。
*改善対策とは、リコールと異なり道路運送車両の保安基準に規定はされていないが、不具合が発生した場合に安全の確保及び環境の保全上看過できない状態であって、かつ、その原因が設計又は製造過程にあると認められるときに、自動車メーカー等が必要な改善措置を行う。

*サービスキャンペーンとは、リコール届出や改善対策届出に該当しないような不具合で商品性・品質の改善処置を行う事をいいます。
(上記は国土交通省ホームページから抜粋)

上記の三種類に分かれます。簡単に言うとリコールは安全と環境保全に悪影響を及ぼすのでメーカーの製造責任において無償で修理します。と言うことで、テレビやニュース・新聞で知り、はがきがとどきます。ユーザー責任として必ず実施しなければなりません。
サービスキャンペーンははがきで知るか、不具合が出てディーラーに入庫したらキャンペーンが出てて無償で治って来たと言うこともあります。早急に実施しなければならないわけでは無い事例です。
リコールとサービスキャンペーンの違いが分かれば対処も変わってくるので覚えておいて損はないですよ。

サービス課 kawasaki


カテゴリー: かわら版
リコールとサービスキャンペーンの違いについて。 はコメントを受け付けていません。
オートガード八戸の安心・安全サービス
今週のイチオシ
本日はH26年式ホンダのフィットをご紹介致します! コンパクトカーといえば、フィットですよね! 4WD・オートマです! 取り ...続きを読む
在庫車
◎懐かしの旧車、ブルーバード只今展示中。
オートガードロッキー
レンタカー

旅行に、仕事に、格安レンタカーございます。乗用車はもちろん、マイクロバスや農機具、福利車両もレンタルできます。

福祉車両
農業機械