4WDのタイトロック現象とは・・


先日お客様から電話があり、ハンドルを切ってバックをするとブレーキが利いている見たいで車が走らなくなる、との修理依頼がありました。

車種を確認したところ、スズキのエブリィ4WDとのことで、このクルマには切替式スイッチのあるパートタイム4WDの車でした。この車種では異常ではないのでお客さまに説明し納得してもらいました。原因はタイトコーナーブレーキ現象です。

この現象をまだ知らないと言うお客様もいる見たいですので説明しますhappy01

タイトコーナーブレーキ現象とは、切替式4WDで車庫入れ時などにハンドルをいっぱいに切って低速で走行すると、ブレーキが利いているみたいになり走らなくなる現象です。これは旋回時に前輪と後輪に回転差ができ、それが抵抗となり走らなくなる現象です。

この現象はフルタイム4WD(常時4輪駆動車)には起こらない現象です。なぜ起こらないかと言いますとフルタイム4WDにはビスカスカップリングと言う装置が付いていてこの抵抗になる回転差を緩和させているからです。

下の写真はこのビスカスカップリングという部品です

ビスカス

軽自動車のワンボックスバンに多い切替式4WDは、スイッチを押していない時は2輪駆動で、スイッチを押すと前後輪直結(カップリングは付いていません)の4輪駆動になる仕組みです。ですからこのタイプの切替式は普通の路面状態(乾燥路)では使用を避けて下さい。

使えるのは雪道snowと泥等にはまった場合の脱出用です。そして冬道を走っている場合は4WDでも構いませんが狭い車庫や駐車場等に入れる場合はスイッチを切って2WDにすればスムーズに走れます。

これらの現象を再現するには、4WDでハンドルをいっぱいに切ってアクセルを踏まずバックすれば途中で止まりますが2WDだと止まらず走れます。自分の車で試してみてください。rvcardashこんなスイッチの付いている車ですよ

Every10

サービスマンnakamura

 


4WDのタイトロック現象とは・・」への2件のフィードバック

  1. 白石 憲博

    ホンダアクティ4WDです。
    車庫入れして2、3日後に乗ろうとエンジンはかかりますけど、ロックがかかって前にも後ろにも動くことが出来ません。無理すると後輪がロックしているようで、タイヤ痕跡が少し残っています。どうすれば良いでしょうか?多忙なおり、恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

    返信
    1. サービスマンNakamura

      コメントありがとうございます。頂いた質問ですが、後ろのブレーキが引きずりを起こしているのだと思います。12月に入ってからの症状であれば、パーキングブレーキのワイヤーの固着か凍結、ドラムブレーキ内の凍結あたりではないか、と思います。ワイヤーの凍結が原因であれば、後ろタイヤの前側の下回りをのぞき込むとリーフスプリングの下にケーブルが通ってますので、パーキングブレーキを解除してからそのケーブルを引っ張ったり押したり動かしてみてください。軽い引き摺りの場合でもこれで一旦治ることがあります。ドラムブレーキが原因であれば、前後に少し荒めに走ってみて、ダメであれば、タイヤの裏のほうから、ブレーキのバックプレートをハンマー等で曲がらない程度に叩いてみてください。私もアクティTに乗ってますが、寒い朝などちょこちょこなります。それでも解消しない場合は本格的に修理に出された方がいいです。試してみてください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。