トヨタ新型GR[スープラ]発表!


皆様こんにちわ!!気温も暖かく、春感が出てきましたね~^^

ところでタイヤ交換などはおすみでしょうか?そろそろシーズンですので、ぜひタイヤ交換はオートガードをご利用ください!

ということで、今回は、私の好きな80スープラの後継車になるGRスープラについて調べました!!

トヨタ GRスープラ

トヨタは2月に「トヨタのアイコン的スポーツカーの復活を示唆するレーシングマシンコンセプトを発表する」とアナウンスし、これが復活する新型スープラになるのではないかと多くの人が予想していました。
トヨタ スープラは、1978年に日本では「セリカXX(ダブルエックス)」で初代デビュー、北米モデルでは「SUPRA(スープラ)」の車名で発売され、3代目の70型へのモデルチェンジから日本国内販売モデルも北米モデルと同じ「スープラ」となりました。
当時は、バブル景気の最中で高級スポーツカーが人気を博し、特にスープラはトヨタのスポーツカーのフラッグシップモデルとして注目されていました。
しかし、バブル崩壊後のスポーツカーの人気低迷の影響を受け、4代目A80型スープラを最後に、2002年に生産を終了しました。

その後、2012年にトヨタの名車、カローラレビン / スプリンタートレノのAE86型、通称ハチロクの名を受け継いだスバルとの共同開発車「86」がデビューすると、かつてのファンを中心にスープラの復活の声が高まりました。

2014年には、トヨタがBMWと共同で新型スポーツカーを開発していることが明らかになり、新型スポーツカー「FT-1」コンセプトを発表、2017年に入ってからは無数のプロトタイプがヨーロッパを中心にテスト走行する様子がスクープされ、スープラ復活の噂で盛り上がりを見せていました。

発表された新型GRスープラのスペック

全長 全幅 全高
4,575 2,048 1,230
ホイールベース 車両重量 乗車定員
2,470

[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員

新型スープラは、BMWと共同開発となっていますので、BMW製の最高出力190PS、および250PSのスペックをもつ、2.0L直列4気筒ターボエンジンをベーシックなモデルに搭載、ハイパフォーマンスモデルでは、最高出力が400PS弱に達するだろうと噂されている、直列6気筒ツインターボエンジンが搭載される可能性があります。

このように、BMWとの共同開発らしく、噂ではトヨタのエンジンではないということです。

ですがスープラ復活はとてもうれしい発表でした。一回は乗ってみたい車ですよね~・・・

ということで今回はこの辺で(‘ω’)

サービス:畠山


セルモーター交換


みなさん、お疲れ様です

花粉症でお悩みの方には、ツライ時期になりましたね…

今日の作業紹介はベンツW168のセルモーター交換になります。

この車、下からも上からもほとんどセルモーターが見えません!

上側からうっすら見える位でこのままでは狭くて歯が立ちません!

調べてみるとエンジンを脱着するようです……..

嫌です!

少しエンジンの位置をさげてあげると交換できると書いてあるサイトを見つけました。

詳しくは書いてなかったので、手順などは分かりませんが他の人にできるなら

自分にもできる筈と信じていざチャレンジです!

エアクリケース外してインマニ外してエンジン下げてウォーターホース外して

セルモーターにたどり着きました!

新品に交換したら逆の手順で、今度は画像で

なんとか終了しました。今回はスムーズにいきましたが

楽をしようと思って作業を簡素化してやると余計に時間がかかって

セオリー通りの方が早かった!って事もよくありあす。

あとは、部品代がもう少し安ければいいのにな~

以上 サービスマン サカモトでした。


見た目では分からないこともある


みなさんこんにちは

入社4年目となりました小坂です

ここ最近暖かくなってきたなーと思っていましたが、今日はまた冬の寒さが戻ってきてしまいましたね

気温の変化で体調を崩さないように皆さんもご注意ください

さて、今回は先日行ったドライブシャフトのブーツ交換について紹介したいと思います

まず、ドライブシャフトとはトランスミッションからの動力をタイヤの方へ伝えるための部分となっていて、その内部に付いているベアリング部にはグリースが充填されていてその部分を保護するためにブーツが付いています

このブーツはゴム製なので使用しているうちに劣化して裂けたりしてしまう事が多いのですが、今回は見た目ではヒビ割れも無く普通の状態でしたが、手を触れてみると本来は中に入っているはずのグリースが入っておらずスカスカの状態となっていました

原因は何だろうと思いよく周りを観察してみるとわずかにグリースが飛んだ跡を発見しました

今まではグリースが飛び散っている場合はもっとはっきりと痕跡があったので発見しやすかったですが今回はその跡が目立たなかったので分かりずらかったです

どうやらブーツを止めているバンドの部分から漏れ出ていたようでした

そしてブーツを新品に交換して新しいグリースを注入して作業終了となります

今回のように目視だけでは分からないような事も多いのでしっかり確認して作業を進めるように心がけていきたいと思います

サービス kosaka


折れ曲がる所は切れやすい( ゚Д゚)


今日で3月も終わりです!いよいよ明日から新年度ですね!どもども(*’▽’)サービスセキガミです。

今日は機械的故障じゃなく電気系の修理について書きたいと思います。車は、スズキの人気車

JB23Wのジムニーでバックドアのロックしないとの事。早速ドアロックしてみると

運転席、助手席はロック、アンロックしますが、バックドアだけどちらも作動しません><

内張を外し、ドアロックの配線に電気が流れているか、テスターで調べてみたらアンロック

した時は、電気が流れますがロックしたときは電気がきません><ドアロックにきている配線は

2本だけですので、配線を辿っていきます。バックドアと室内の間にゴムカバーがついています。

これは、バックドアについている電装品に電気を流す配線を隠しているカバーで

こんな感じのやつです。↓

真ん中のL字ぽいやつです。この中を配線がとおっています。

そして、ドアロックにいってる配線と同じ色を追っていったところ↓

切れてますね>< 早速配線を繋ぎ直しますが、ここでつないでもバックドアを閉めると折れ曲が

ります><なので、室内側とバックドア側の配線が折れ曲がらない場所でつなぎます。新たに、

配線を準備してゴムカバーの中を通します。これがなかなかうまく通りません><

なんとか配線を通す事ができますた(*´▽`*) そして繋いだ所をボディ側の穴にいれます。

あとは、ゴムカバーをはめ込んで終了です(*’▽’) 今回のように、ドアについている電装品が

動かなくなった場合、折れ曲がるところで大体配線切れしてるので、探しやすかったでっす。

おっと組み付ける前に、ちゃんと作動確認を忘れずに!ハイ!ロック、アンロック おkです!

お客様に報告をし、無事に終了!!この仕事をしていて、お客様に助かったよ!ありがとう!

と言っていただければ、うれしいです!なので、これからも誤認しないよう頑張って

いきましょっいと思いました!ではでは!サービスセキガミでした!

 


リコーーーーーーーールですよ( ..)φメモメモ


どうも、みなさんこんにちはSAKAKINの登場でございます

やっと春っていう季節、気温になってきましたねぇ~

天気もいいと気持ちもワクワク、ウキウキしますよねぇ( *´艸`)

みなさんは、時間があったらどこに出かけますか??

SAKAKINさんは、仙台のアンパンマンミュージアムに行ってみたいですねぇ

娘がどんなリアクションするか見てみたいですねぇ(*´▽`*)

すごくテンションが上がってしまうんじゃないだろうか・・・・

早く行ってみたいものですwww

ほかに子供が好きそうな場所がありましたら、SAKAKINまでご一報いただければ幸いです

本題に入りましょうか。

さて今回は、スズキのリコールについてお話していきたいと思います。

リコールが開始されたのが、H30.1月19日のもので対象になっている車種がワゴンR、パレット、ラパン、アルトの4台で全車種ではなくて、年式により対象でない場合もあります。

不具合内容としては、四輪駆動車のリヤの車輪速センサーにおいて不備があり、そのまま走行しているとABS警告灯が点灯して、機能が停止し、また速度計がおかしくなってしまうというものです。

改善内容としては、対策前の部品であれば対策品に交換するというものです。

台数が多いためか最近は、こればかり作業している気がします。自分だけでも10台以上は作業ししました

もしスズキからリコールのハガキが来ていたら、早めの交換をお勧めいたします

ぜひぜひオートガードまで

 

by SAKAKINそだねー