各地で大雪による影響(;_:)


一月の後半から雪が降る日も続いてきて2月に入ったとたん例年通りの積雪があって今年も雪かきの日々が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

最近全国各地で大雪による影響のニュース映像をみることが多くなりました。首都圏の交通状態の混乱や福井県の大雪による渋滞で車中泊を余儀なくされるニュースなど様々な雪の影響の映像をみる事が多くなりました。とても他人事とは思えないケースばかりです。

また車が雪に埋もれて一酸化炭素中毒で亡くなるニュースも多くなりました。

JAFより引用

雪による影響や事故が多種多様となっていてそれに合わせた対応を考える事が多くなりました。

報道では気象庁と連携して「不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、チェーンの早めの装着等をお願いします」との呼びかけを行うほどです。

様々な状況やに対応出来る様テレビやラジオまたインターネット等で情報を集め2月を乗り切りましょう。

サービス クドウA

 


ヒーターの吹き出しが切り替わらない


 こんにちは。2月に入って雪が降る日もあって除雪がたいへんですね。

 今回の修理はヒーターの吹き出しが切り替わらないというものです。              今回の車両はマニュアルエアコンで、ダイヤルを回してワイヤーで切り替えるタイプのものでした。

 まずワイヤーを外しコントローラー単体で動かしてみます。これで動きが悪ければコントローラー本体かワイヤーが悪いことになるのですが、異常なくスムーズに動きました。

 そこで、切り替えをしているフラップを動かしているリンクを手で動かしてみると動かない・・・あ。中が駄目みたいだな・・・

 そこでヒーター本体をばらすことになりました。ヒーター本体をばらす為にはダッシュをばらさなくてはなりません。気を使ってなかなか大変な作業です。

 外れたところで本体の中を確認。するとフラップの風を通さないようにするパッキンが悪くなり、ケースに張り付いていました。

  熱や年月で溶けた感じになったのでしょう。本体を分解、清掃してフラップの交換。組み立て。いい調子にまりました。

 ちょっと大変な作業ではありますが無事修理完了して安心です。

  冬場など特に切り替えができずデフロスターから風が出ず、窓の曇りが取れない事にもなってしまいますので、調子が悪い時は早めに修理しましょう。

   サービスShimotomaiでした。


いざ!除雪・・・


降らないだろうと思っていた雪、とうとう降りましたね。

せっくある除雪用機械、今使わねばと奮闘するが、しかし困った事に”操作を忘れた”とか、”エンジンが掛からない”とか、皆さん慌てて電話が殺到。

丁寧なアドバイス(のつもり)に、あぁ~そういえば。。と一年前に戻り落着と思いきや、次は” 燃料を満タンにしたのにエンジンが掛からなくなった “との事で入庫した除雪機もあり、点検してみると、予想通り“燃料違い”で、ガソリン仕様になんと軽油の給油を、、、

その人の記憶では、燃料は何でも良いと思っていたので、一番安い油にしたとか。。。燃料タンクにガソリンとシールを貼ってやりましたが?。

そして、この気候に多いトラブルは、ショベルローダー等の油圧ホースの破裂です。特殊車両等にも使われている油圧は、ホースを介していて、劣化したホースが寒冷の温度に柔軟性を失い、パンクし油が流出する。という現象です。

その他、寒暖の差が激しい時には、油圧管内に結露が発生し、その水分が凍結し作動不良を引き起こしたりします。それで、ホースの修理も多いこの時期ですが、ともあれ、除雪気等はめったに使われないが、無ければ困る道具でもあります。

お客様は、「全然使ってないのに、何故」と言う方がいらっしゃますが、農業機械同様、動かない為の故障は付き物ですね。

人間も寝てばかりいると調子悪いですよね。

そう言えば社員の中に起きてても寝ている人いますね。あれって実績不調?。


 

 

 

虎馬


アウディA4ミッション警告灯点灯修理です。


今回はアウディA4ミッション警告灯点灯修理事例です。

22年式アウディA4で走り始め5分~10分で警告音とともにミッション異常の

インフォメーションが点灯すると言う事例です。実際に乗ってみて症状を確

認すると走り始めは異常なし5分後位には異常ランプが点灯します。ただ、点

灯してもギヤの変則や滑り、ジャダ等の不具合は感じません。一度止まりエ

ンジンをきり再始動すれば消灯しており、走り始め5分ごには再点灯しました。

インフォメーションはこちらです。ミッション系統に異常がありますよ、と

教えてくれています。テスターを繋ぎ異常コードを記憶しているはずなので

呼び出すとミッション内部温度センサー異常のコードが入っています。

アウディやワーゲン等に使われているこの手のミッション、湿式7速DSGは

意外とトラブルが多く発生している形式のミッションです。最悪の場合は

メカトロニクスアッセンブリー交換で50万位の修理代になります。ディーラー

では、後々の事を考えこちらを最初から進められる場合が多いそうです。

(確かに修理を行う方はなるべくリスクは避けたので)ちなみにメカトロニクス

とはこの赤い〇の部品です。

ミッションカバーを外し車の下からの写真です。そしてこれをはずすとこれ

先ほどの赤丸部分を取外した部品がこれメカトロニクスです。この部分でコンピーター

からの色々な指示を機械的に行っています。この、部品のあるところがダメになると

今回のような故障コードがはいります。長くなりましたので交換部品と修理内容は

次回に、興味がある人はまた見てください。

                                  カワサキ


東北モーターショー 今年も開催!


皆さまこんにちわ!サービスの畠山です!

最近、外は冷え込んでいて日中でもマイナス気温が続いております。。。。

関東でも、大雪ということで通販で買った商品などが遅れて届いたりしました。。

ということで今回の記事は、毎年開催しています「東北モーターショー」についてです!

私は一度も行ったことがありませんでしたが、今年は行きたいと考えています!

内容など、記事等を集め、魅力を探ってみたいと思います。

「東北モーターショー2016」の画像検索結果

会場にはこのようなコンセプトカーなどが多数展示されており、日本メーカーはほぼ出展しているとのことです。海外メーカーも多数出展いたしますので、見どころがいっぱいらしいです。。

日時

平成30年2月10日(土)10:00~18:00 
平成30年2月11日(日) 9:30~18:00 
平成30年2月12日(月・祝) 9:30~17:00 

・会場

夢メッセみやぎ(みやぎ産業交流センター):
仙台市宮城野区港3丁目1-7 「本館」「屋外展示場」「西館」「会議棟」

・入場料

[前売入場券] ●一般・高校生 1,000円 ※中学生以下無料
[前売入場券2DAYS] ●一般・高校生 1,800円 ※中学生以下無料
[当日入場券販売] ●一般・高校生 1,300円 ※中学生以下無料

となっております。東京モーターショーなどの記事や動画などを見ていると、車好きはこういうイベントに行ってみたいって思いますよね~!今年は行きたいなと思い、チケットも予約しました!

こういったイベントに参加し、車の知識も養って行きたくという、勉強もかねて参加したいと思います!

サービス:畠山