経年劣化です><


11月になりましたね!今年もあと少し早いですねえ^^ドモドモサービスセキガミです^^

今日は20系アルファードについて書きたいと思います。さてこの車は4WDですので、動力を

後ろのタイヤに伝えなければいけません。その役目をしてるのが、プロペラシャフトと言います。

このプロペラシャフトは前側から後ろ側までなので、とてもとても長いです。この長さのシャフト

を途中で支えてる部品があります。それが、プロペラシャフトセンターベアリングです。

FRベースの車であれば、プロペラシャフトはそんな長くありませんので、ベアリングがついて

ない車もあります。しかし、20アルファードはFFベースですので、先程いうた通り、

長いです><なので、当然センターベアリング使用してます。さて、このベアリングがダメに

なるとどうなるかというと、ベアリングでスムーズに回ってるのが、うまく回りづらくなり

車速をあげると、当然そこを軸にプロペラシャフトがぶれてしまいます。ぶれると車体に

振動がきたり、異音がしたりします。

写真はプロペラシャフトセンターベアリングです。見ての通りゴムのダンパーが裂けてます><

この状態で今まで、振動や異音が出なかったのがすごいなと思いました。さて、早速部品を手配し

分解して交換終了!試運転をし、振動、異音ともになくなりました。11月になり、タイヤ交換が

増えてきてます。雪が降ってからでは遅いと思いますので、早めにタイヤ交換をしてくださいネ!

溝が少ないと感じましたら、今月いっぱいロータスキャンペーン開催中ですので、ちょっとお得だ

と思いますので担当セールスやフロントもちろん私達サービスマンでもいいですので、声かけてく

ださい。よろしくお願いします^^

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。